読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェブ上のコンテンツのハードコピーとURLを意識しながらのアクセスについて

はてな民は、yahooニュースじゃなくて1次ソースにブクマしませんか?

上記のエントリが「どう思います?」と投げかけて終わっていたので、どう思っているかを書いてみます。ポエムです。

ぼくも、自分が気付く限りは「元情報」の方を探し出してきて「ぼくは、こっちを」と意識的にブックマークしているので、言わんとしていることはよくわかる。同様のモヤモヤ〜は、ぼくも抱えていると思います。

とはいえ、お話を広げてよいとすれば「canonical が設定されていても、そうじゃない方にブックマークが集まっているときがある」「不要なパラメータ (たとえば ?ref=rss とか) が付いた URL がばんばんブックマークされるときがある」「同じページなんだけれど www. の有無で2ページあるように見えてブックマークが分散する」ってのもぼくは見てきたし、昨今の「スマートフォンアプリの勃興」や、あんまり積極的に URL を見せたがらない最近の Safari なんかを鑑みると、人間がいつまでも URL を気にしながらウェブページにアクセスするのは果たして理想形なのか…?という疑念にも辿り着く。

いったん広げたお話はここで畳んで、お話を戻しましょ。

ぼくは「コピーの方をブックマークする人」に呼び掛けてもけっこう仕方ないと思っていて、もうこれは「ウェブ上に、あるページのコピーコンテンツが堂々と存在する」という現状を嘆くしかない、という立ち位置です。ハードコピーがあるからややこしいことになるのであって、あるコンテンツが唯一単一のページにしか存在しなければ「そっちじゃない、こっちこっち〜」って言う必要がないはず。多分きっとビジネスの流れで合法的になんちゃらニュースにハードコピーが生成されて、それでハッピーになっている人がいるんだろうから、それに向かって一方的に感情的に石を投げることはしたくないけれど、ひとりのウェブピーポーとしては、ハードコピーに堂々とされるのはイヤだな、と感じています。

でもなんか「リブログはオッケ」ってことになっている気がするウェブピーポーは、いったいなんなんだ?