読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉の選び方に誠実になる

誰かに読まれることを意識した文章を書いていると、常に「誠実さ」を問われているように感じる。

Aという表現と、Bという表現があったときに、どちらの表現が、より自分の気持ちにピッタリと合っている表現だろうか。言葉や表現を選ぶ際に手を抜くということは、読み手との交流にきちんと向き合っていないことになりそう。

読まれる前提で文章を書く機会を多く持つと、だんだんと、自分の気持ちに対して誠実になれるような気がしてくる。もっと文章を書こう。もっと。