読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てをがんばっているあなたへ

身の回りの、子育てをがんばっている人たち。尊敬します。特に、大部分を担うことになりがちな、お母さん。尊敬します。

相手が乳幼児のときは、理屈とか通用しないし、本当に大変だと思います。ぼくには、たまに両親の代わりに妹・弟の面倒を見ることがあった、くらいの経験しかありませんが、それだけでもずいぶんと大変だったので、24時間365日を子育てしながら過ごすというのは、ぼくが簡単に想像できないくらいには、大変なのだと思います。

ウェブを流れる人々の日々の気持ちの吐露を見ていると、子育てに奮闘している友人たちの様子を感じられるときがあります。そんなとき、ぼくは「ごはんでも行こー」と誘い出すことくらいしかできないので、誘い出すことにしています。

たとえば一緒にランチに行くにしても、お店選びからして大変です。だいたい「お店、選んでおくね」と言われるので、じゃあ、とお任せするのですが、なるほど、子どもを連れて気兼ねなくランチに行けるお店って、選ばなきゃいけないのですね。ぼくは、子どもと遊ぶのが大好きなので、このときばかりはと張り切って、その日のランチタイムくらいは子育てから解放されてもらえたらいいなぁと思って、めいいっぱい遊ぶわけです。

さてさて。

たとえそれがウェブであったとしても、吐き出せる場所があるのはいいなぁと思いまして。ずっと家にいて、子どもから目を離さずに注意しながら、家事をこなしたり、旦那さまの世話をしたりって、そりゃあ息が詰まるでしょうよ。ときには心のキャパシティをオーバーしてしまうこともあるでしょう。そんなときは、どうぞ、吐き出しやすい場所に吐き出してほしいなぁと思います。

このあたり、ウェブがもっと、子育てをがんばるお母さんに寄り添っていけるんじゃないかなぁと感じるようになりました。家から出ずに外界とつながれるよい装置なので、子育てお母さんを助けてあげられるような場所、あるといいんじゃないかなぁって。

…とはいえ、ぼくの立場じゃ当事者から離れすぎてしまうので、思っていることを文字として吐き出しておくに留めます。