読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

余暇の過ごし方について

ぼくは17歳くらいのときから、最初は義務としてプログラミングを学びはじめて、それから数年が経って、だいたい20歳くらいのときからプログラミングを趣味としても楽しめるようになってきて、それはそれは楽しく余暇を過ごせるようになって、ここ10年くらいは「ヒマだ」と思ったことなんてなかったんじゃないかと思う。

「つくるのが楽しい!」期に入った、と思うんですよね。ことさらソフトウェアに関してはさ、つくりたいと思ったら、ほとんど投資なしでつくり続けられるので、ひたすらつくり続けてしまう。ちょー経済的。楽しみ放題。そうして病状が進行していって、いつしか、なんだか「つくっていないとダメだ…!」と強迫観念にかられるようにもなっていったんだよなあ…

なんかそんな感覚があって、「消費する」ってのがうまくできなくなっていたような時期があった。たぶん。長時間に渡ってテレビを観たりしていると、「あれ、なにも生産していないけれど、いいんだっけ…」とか、そういう気持ちになったことがあった。

そいで、数日前に下記のツイートを見たですよ。

にゃるほどどどど〜〜〜的な?

「つくるのが楽しい!」って感覚は、それ自体はきっといいことで、でもそればっかりになって栄養が偏っていたのかもしれないなあ。ここ1年くらいは、つくるのも楽しんで、消費も楽しんで、外に出るのも楽しんで、なんだか健康的な感じです。奥さんには感謝ですね。