読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「荒木飛呂彦の漫画術」を読んだ

荒木先生を尊敬するぼくとしては即買いして即読みでした。

「漫画術」ということで、実際の荒木作品を例にしながら具体的な説明があってファンとしてウオォ感のある内容。さらに、「漫画術」ということではあるけれども、ものづくり全般に対して言えるようなことも多く、フムフムと楽しく読みました。