読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羽毛

いつも、視界の下の方に羽毛を見ている。「あっ、また中身が出ちゃってる」と思う。

今日、晴れ空の下を歩いていたら、視界の上の方から羽毛が降りてきた。

ふむ、そうだよね。本来、鳥の羽ってのは、ぼくより高い位置に存在していることも多いはずで、ぼくの部屋に横たわっているのは、人間の都合に依るものだ。

久しぶりの景色を歩いて、ちょっとした先入観に気が付いた、そんなお話。ビー・ニュートラル。