読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メタレベルソサエティ

一時期、とあるスマートフォン向けのゲームをプレイしていて、まぁそれは「ソーシャルゲーム」と呼ばれる部類のゲームだったりするのだけれど、ところで、ソーシャルゲームってなんだ。ソシャゲってなんだよ。

ほんで、そのゲームをプレイする人たちが参加している Facebook の Group があって、ぼくも流れで参加させてもらうことになった。そこにはソサエティがあった。

ゲーム自体に「ユーザ間のインタラクション」が組み込まれているものをソーシャルゲームって呼んだりするんだろう(違う?)けれど、ゲームの外にソサエティがあっても、おもしろいことが起こる。

たとえば、誰かが「レアカードが出た!!!」などと言って画像をアップすれば「いいなあ」「俺も課金しよっかな」とソサエティは盛り上がる。ゲームに新しい要素が追加されたときには、みんなで情報を持ち寄って一気に攻略しようとしたりする。

優れたゲームは、プレイヤー間の会話を促すのだ。それはゲームに内包された機能の上だけではなく、ゲームの外側でも起こる。

ウェブはグループで進化する  ソーシャルウェブ時代の情報伝達の鍵を握るのは「親しい仲間」

ウェブはグループで進化する ソーシャルウェブ時代の情報伝達の鍵を握るのは「親しい仲間」

この本を読んでいて、そんなことを考えた。

そうか、麻雀もボンバーマンも、ソーシャルゲームだなぁ、と。ゲームの中にソーシャル機能を実装することよりも、プレイヤー同士で会話したくなるようなゲームをつくろう、って考えてみる。