ワンアンオール

いつもの帰り道でちょっと寄り道するくらいの自分の能動的な気まぐれな一歩によって何か大きなものの一部になれたときの高揚感