読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の名字の行く末

なんも調べないで書く。ぼくらがどう感じたかを重視して書く。

数日前に「このままいったら、日本の名字はどうなるか」ってお話をした。

結婚が発生すると、名字が減ることがある。基本的に、名字は増えない。この2点を考えるだけでも、次第に減っていくことは明らかだ。

ぼくの奥さんになる人が現れるとして、その人の名字がすごく珍しいものだったら、残しておきたいから夫婦別姓で、っていう判断もありそう。

名字がアイデンティファイアとしてどんどん弱くなっていくのだとしたら、名前の方をどんどんユニークにしていかないとならない。名字v4枯渇問題。そう考えると、いわゆるキラキラネームと呼ばれたりするものたち、一意性は高くて、ある意味では便利とも言える。まあ、よく問題視されるのは可読性だろうけども。

もっと深刻な状況に陥ってきたら、政策レベルで対応が取られるかもしれない。徳政令みたいなノリで。「みんな、今から好きな名字を選んで名乗っていいよ」ってことになるのかもしれない。