読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スパカツバーガーを食べながら考えたこと

スパカツバーガーを食べました。

なぜ自分がこれを食べようと思ったか

ぼくが7年近く住んでいた釧路の名物料理「スパカツ」を模したメニューだったからです。ふだんはほとんどモスバーガーを利用することがなくて、これまでキャンペーンメニューにも手を出したことはありませんでした。

スパカツ @ 釧路泉屋

今回は本当に「スパカツだから」という理由で手を出しましたし、一度食べて満足したので、またしばらくモスバーガーに行くことはなさそうです。味は美味しかったです。

考えたこと

これって「決して多数ではないけれど、特定の少数に深く刺さるメニュー」という位置付けなんですかねえ。だとしたら、ぼくには届きましたので、ひとつのよい結果が出ていると思います。

釧路やスパカツに縁のない人から見ると、今回のメニューってどう映るのだろう。既存客の満足度向上や、新規客の獲得につながったのかな。そのへん、何を目標にして、どのように効果を計測しているのか、気になります。

ぼくは何に対してお金を払っているのか

最近、なにを食べようかって選ぶときに、悩むことが多くて。正直、そんなにマズいものなんてないし、600円くらい用意すれば、生活圏内で、美味しい食事にたどりつけてしまう。ぼくの感覚では「だいたいどれも美味しい」です。

そんな中で、スパカツバーガーを選んだときに思ったのは「話題に飢えているのかもな」ということ。ソーシャル全盛の時代において、自分から「発信したいことがある」ってのはけっこう重要で、スパカツバーガーを手に入れたときは、写真を撮ったり、言及したりと、数回に渡って発信を繰り返しました。

「なにに対してお金を払っているか」は、自分の個性を表現するひとつの強力な要素だと思います。


「話題」に対してお金を払っている感じもありますね。